急性硬膜下血腫

420件

頭蓋骨内側で脳を包んでいる硬膜と、脳の間に出血がたまって血腫になったものです(コラム頭部の解剖図)。血腫による圧迫と脳挫傷のため、頭蓋骨内側の圧が高まり(頭蓋内圧亢進)、激しい頭痛、嘔吐、意識障害などが認められます。さらに、血腫の圧迫が脳ヘルニアの状態にまで進行すると、深部にある生命維持中枢(脳幹)が侵され(呼吸障害など)、最終的には死に至ります。...

血腫による圧迫と脳挫傷のため、頭蓋骨内側の圧が高まり(頭蓋内圧亢進)、激しい頭痛、嘔吐、意識障害などが認められます。さらに、血腫の圧迫が脳ヘルニアの状態にまで進行すると、深部にある生命維持中枢(脳幹)が侵され(呼吸障害など)、最終的には死に至ります。脳挫傷の局所の症状として、半身麻痺(片麻痺)、半身の感覚障害、言語障害、けいれん発作などが現れること...

血腫は頭部CTで白く映ります(高吸収域)。血腫は脳の表面に広がるため、三日月型になります。血腫の大きさと症状の程度によって、緊急に開頭血腫除去術が行われます。日本のガイドラインでは、血腫の厚さが1cm以上を手術の目安にしています。血腫が少量の場合は手術の効果が低いため、重症でも薬物療法が選択されることが多く、頭蓋内圧亢進に対する脳圧降下薬(グリセオール...

脳組織の挫滅(脳挫傷)があり、そこからの出血が脳の表面(脳表)と硬膜の間にたまり、硬膜下血腫になります。まれに硬膜と脳表とを結ぶ静脈(橋静脈)が切れて出血することがあります。この場合は、たとえ頭部に打撲がなくても、脳が強く揺れるような外力(とくに回転性の外力)により出血します。

関連ワード

「急性硬膜下血腫」に関するQ&A

420件

「急性硬膜下血腫」に関するQ&Aをもっと見る

「急性硬膜下血腫 脳挫傷」に関するQ&A

60件

「急性硬膜下血腫 脳挫傷」に関するQ&Aをもっと見る