急性白血病

921件

血液は血漿と呼ばれる液体成分(90%が水分)とそのなかに浮かぶ血球という細胞成分からできています。血球には体に酸素を運ぶ赤血球、体に侵入してくる病原体と闘う白血球、そして血管に付着して出血をとめる血小板などがあります。これらの血球はすべて骨のなかの空間(骨髄)でつくられます。血球の製造工場である骨髄にはたくさんの造血幹細胞血液の“種”の細胞)がありま...

急性白血病の症状は、正常な血液をつくることができなくなることによる症状と、芽球の増殖による症状に分けることができます(図3)。正常な血球(白血球、赤血球血小板)をつくるスペースがなくなってしまうことによる症状には次のようなものがあります。(1)体中に酸素を運ぶ赤血球が減ることで、倦怠感や体を動かした時の息切れなどが起こります。(2)外から侵入してくる...

体の不調を訴えて病院を受診した時に、血液検査の異常(血球数の増加・減少、異常細胞の出現)により急性白血病が疑われます。白血病が疑われた場合は骨髄の検査を行い、診断を確定します。骨髄血液の工場なので、本来であれば吸引した骨髄血のなかには、まだ若い造血幹細胞から出荷直前の成熟した細胞に至るまで、各成熟段階のさまざまな細胞がみられるはずですが、白血病の患者...

抗がん薬や放射線などの治療のあとで起こる「二次性白血病」もありますが、大部分の白血病の原因は不明です。

関連ワード

「急性白血病」に関するQ&A

921件

「急性白血病」に関するQ&Aをもっと見る

「急性白血病 白血病」に関するQ&A

320件

「急性白血病 白血病」に関するQ&Aをもっと見る