急性気管支炎

905件

気管支は、線毛の生えた上皮と粘液を分泌する細胞(杯細胞)におおわれた空気の通り道です。ここを呼吸のたびに外界からの塵や微生物を含んだ空気が通過するわけですが、侵入したこれらの異物は、分泌された粘液にからめとられ、線毛の運動で、口から外へ咳とともに痰として排出されます(図7)。微生物の感染により気管支粘膜炎症が起こり、痰を伴う咳がみられる状態を一般的に...

急性気管支炎は急性上気道炎(感冒)などに合併し、気管支粘膜炎症によって、発熱と咳、痰が症状として認められます。この症状肺炎でもみられますが、肺炎の場合は、炎症は主に気管支よりもさらに末梢の肺胞で起こるので、胸部X線像で浸潤影と呼ばれる陰影が認められます。肺炎の場合には炎症が気管支にも及ぶことが多いので、気管支炎と症状だけから区別することは難しく、胸...

検査は、気管支炎の診断と原因微生物の診断の2つの目的で行われます。気管支炎は明確な診断基準(クライテリア)はなく、症状肺炎の否定によって行われます。急激に痰と咳を示す患者さんでは、肺炎の否定のためには診察と胸部X線検査が必要です。聴診で、粒の大きな水泡音(湿性ラ音)主体で、肺野末梢に雑音が聞かれず、胸部X線像でも陰影が認められなければ気管支炎と診断し...

感染症としての急性気管支炎の原因としては、ウイルスがほとんどです。成人の場合はライノウイルス、インフルエンザ、パラインフルエンザ、アデノウイルスなどが原因になります。ウイルス以外では、マイコプラズマやクラミジアが原因になります。細菌が原因になることはまれです。呼吸器に慢性の病気のある人に、痰の増加や発熱が急に起こった場合の原因としては、ウイルスと細菌の...

関連ワード

「急性気管支炎」に関するQ&A

905件

「急性気管支炎」に関するQ&Aをもっと見る