急性中耳炎

1,693件

鼓膜の内側の空間である中耳に炎症が起きた状態で、乳幼児の急性感染症の代表的なものです。子どもの耳管は大人に比べて太く短いため、6カ月~2歳児によく起こります。耳痛や耳だれ、発熱耳閉感などですが、小さな子どもでは耳痛を訴えず発熱のみのこともあります。子どもの場合、小児科を受診することが多いのですが、早期診断のためにも、耳を気にしている様子がみられる時に...

耳痛や耳だれ、発熱耳閉感などですが、小さな子どもでは耳痛を訴えず発熱のみのこともあります。子どもの場合、小児科を受診することが多いのですが、早期診断のためにも、耳を気にしている様子がみられる時には、耳鼻咽喉科専門医の診断が必要です。

鼓膜を観察すれば容易に診断がつきます。鼓膜の発赤、腫脹、うみの貯留による混濁を認め、穿孔(穴)があると拍動性に耳だれの流出が起こります。治療とともに鼓膜所見は急速に改善するので、治療効果の観察のためにも鼓膜の所見は重要です。発熱などの全身症状が強く、外耳道が狭くなっている時は、乳様突起炎などの重篤な合併症を併発していることが多く、注意が必要です。耐性菌...

原因は肺炎球菌、インフルエンザ菌が大部分ですが、最近、ウイルス感染の関与も推定されています。細菌・ウイルス感染症、鼻副鼻腔炎、咽頭炎などの上気道感染症に続いて、上咽頭から耳管を経由して炎症が及びます。近年、耐性(薬が効かない)肺炎球菌、耐性インフルエンザ菌の頻度が急増しています。そのため、中耳炎が重症化したり、長引く場合も増えてきており、最初の治療が重...

関連ワード

「急性中耳炎」に関するQ&A

1,693件

「急性中耳炎」に関するQ&Aをもっと見る

「急性中耳炎 滲出性中耳炎」に関するQ&A

544件

「急性中耳炎 滲出性中耳炎」に関するQ&Aをもっと見る