思春期早発症

194件

男性ホルモン、女性ホルモンの分泌による二次性徴の成熟が、早い年齢で起こってしまう病気です。女子では、乳房が少しでもふくらんできた時が思春期の開始ですが、乳房の発育が7歳6カ月以前に起こってしまった時、思春期早発症の可能性が高いといえます。乳房発育だけがみられるときは、一時的な女性ホルモンの分泌によると考えられる乳房早期発育症との区別が必要です。男子では...

性ホルモンが早期に分泌されることにより、成長のスパート(急激な進行)が起こります。成熟が進むと、陰毛の発育、男子では声変わり、女子では月経が認められます。原因が脳腫瘍による場合は、腫瘍の圧迫症状による頭痛・視野狭窄などが起こることがあります。未治療で放置すると、骨年齢が促進して骨端が早期に融合するため、最終的に低身長で成長が終わります。

中枢性思春期早発症の場合は、性腺刺激ホルモンと性ホルモンの基礎値の上昇とともに、LH‐RH(黄体形成ホルモン放出ホルモン)テストで性腺刺激ホルモンの思春期レベルの反応が認められます。また、骨年齢が促進し、成長率も高くなります。末梢性思春期早発症の場合は、性ホルモンの上昇は認められますが、性腺刺激ホルモンの分泌は抑制されています。2歳以前に発症する思春期...

中枢性と末梢性に分類され、中枢性は通常の思春期の時のように下垂体から性腺刺激ホルモンが分泌され、それにより性腺から性ホルモンが分泌されて起こります。女子に起こるものの多くは原因不明の特発性と呼ばれるものですが、男子に起こるものは脳腫瘍(胚芽腫、過誤腫等)などの器質性の原因が多くみられます。末梢性の場合は、性腺または副腎で性ホルモンがつくられて、思春期早...

関連ワード

「思春期早発症」に関するQ&A

194件

「思春期早発症」に関するQ&Aをもっと見る

「思春期早発症 初潮」に関するQ&A

57件

「思春期早発症 初潮」に関するQ&Aをもっと見る