心筋炎

645件

心筋自体に炎症細胞の浸潤が生じる病態を指しますが(図11)、一般に急性心筋梗塞によるものは除きます。多くは急性の経過で発症しますが(急性心筋炎)、まれに慢性の経過で進行する患者さんもいます(慢性心筋炎)。急性心筋炎の場合、発熱、鼻水、咳などの感冒(かぜ)様症状、下痢、腹痛などの消化器症状に引き続き、さまざまな程度の心症状を示します。軽いものでは、動悸や...

急性心筋炎の場合、発熱、鼻水、咳などの感冒(かぜ)様症状、下痢、腹痛などの消化器症状に引き続き、さまざまな程度の心症状を示します。軽いものでは、動悸や胸部不快感心膜炎を合併すれば胸の痛みなどが現れます。重症化すると、呼吸困難や苦しくて横になれないなど急速に進行する心不全、血圧低下や意識障害などのショック状態を示す場合もあります。重篤な不整脈により失神...

血液検査でCRP上昇、赤血球沈降速度亢進、白血球増多などの炎症所見や、クレアチンフォスフォキナーゼなど心筋逸脱酵素の上昇が認められます。心電図変化は多彩で、比較的短期間に変化するので注意が必要です。心膜炎を合併すれば広範な誘導でST上昇を認め、重症の場合は高度房室ブロックや心室頻拍などのさまざまな不整脈がとらえられます。心臓超音波検査では、心臓の壁運動...

コクサッキーやエコーなどのウイルス、細菌などの病原微生物の感染が原因になることがありますが、原因のわからない特発性の場合も多くみられます(表18)。膠原病などの全身性疾患に伴う心病変として起こることもあり、時に薬物や放射線などによって引き起こされる場合もあります。

関連ワード

「心筋炎」に関するQ&A

645件

「心筋炎」に関するQ&Aをもっと見る

「心筋炎 人工心肺」に関するQ&A

9件

「心筋炎 人工心肺」に関するQ&Aをもっと見る