心房細動

2,449件

心房細動は、心房が1分間に450~600回の頻度で不規則に興奮し、その興奮波が房室結節へ無秩序に伝わるために、心室興奮は確実に不規則になる不整脈です。心房細動が絶対性不整脈といわれるゆえんです。房室結節の伝導がよければ心室応答数は多くなり不規則な頻拍になります。そのため心房細動が始まる時に、患者さんは強い動悸と胸部違和感を自覚します。症状の源は脈拍の不...

発作性頻拍と同じように心房細動が新たに始まる時には、突然始まる動悸として自覚されることが多いようです。胸がもやもやする、胸が躍るようだ、あるいは胸が痛い、めまいがする、というように感じることもあるようです。発作性心房細動を繰り返す時は、症状は強いのが一般的です。意識はあり動けるのですが、仕事が手につかなかったり、集中できません。致死的な不整脈ではありま...

脈をとったり心音を聞いて心房細動を疑うことはできますが、確実ではありません。正確な診断には心電図が必要になります。また、基礎疾患の有無や心機能を把握するために、甲状腺機能試験を含めた血液生化学検査、心エコー検査、12誘導心電図、胸部X線検査も必要です。心房細動の病型をみるには、24時間ホルター心電計を装着します。●レートコントロールとリズムコントロール...

心房細動は、僧帽弁疾患などの心臓弁膜症、高血圧性心疾患、虚血性心疾患、拡張型心筋症や肥大型心筋症などの心筋疾患があって心房に負荷がかかっている場合のほか、呼吸器疾患、甲状腺疾患などに合併しますが、基礎疾患のない患者さんにも起こります。高血圧を含めた基礎疾患がなく、明らかな原疾患が確認できない心房細動を孤立性心房細動といいます。心房細動の2.1~15%が...

関連ワード

「心房細動 ワーファリン」に関するQ&A

273件

「心房細動 ワーファリン」に関するQ&Aをもっと見る