心房中隔欠損症

441件

心臓には右心房、右心室、左心房、左心室という4つの部屋があります。本症は、右心房左心房の間を隔てている心房中隔という壁に生まれつき孔が開いている病気です(図13)。普通、10代では無症状です。しかし、手術をしないでそのまま年齢を重ねると20代後半~30代にかけて症状が現れてきます。最初の症状は、動いたあとの息切れや疲れやすさなどで、そのうちに心房細動...

普通、10代では無症状です。しかし、手術をしないでそのまま年齢を重ねると20代後半~30代にかけて症状が現れてきます。最初の症状は、動いたあとの息切れや疲れやすさなどで、そのうちに心房細動などの不整脈や、むくみ(浮腫)や動悸などの症状が次第に強くなってきます。

聴診器で聴診するだけでもわかることもありますが、まだ無症状の時期に健診などで早期に発見するには心エコー検査が極めて有力です。断層心エコーで心房中隔を示す箇所に断裂像が認められます。これが欠損孔を意味します。カラードプラー法を併用すると、この欠損孔をとおって左心房から右心房へと血流が短絡する様子が観察されます。学校健診などでは、心電図の不完全右脚ブロック...

胎児期の初めに心臓ができる時、心房中隔は心房の上下の壁から発育してきて、生まれた時には孔は閉じているのが普通ですが、これが閉鎖しないままの状態がこの病気です。

関連ワード

「心房中隔欠損症」に関するQ&A

441件

「心房中隔欠損症」に関するQ&Aをもっと見る

「心房中隔欠損症 手術」に関するQ&A

90件

「心房中隔欠損症 手術」に関するQ&Aをもっと見る