帯状疱疹

11,814件

体の左右どちらかの片側に、帯のように水ぶくれ(水疱)の集まりができる疼痛を伴う病気で、水痘帯状疱疹ウイルスの感染で起こります。子どもの時にほとんどの人はみずぼうそう水痘)にかかります。しかし、それが治っても、このウイルスは三叉神経(顔面を支配)や脊髄神経(顔面を除く体の皮膚を支配)の知覚神経節に、遺伝子の形で潜伏しています。それが長い期間をへて、ス...

まず神経痛のような痛みが起こり、その4、5日後に同部位に虫に刺されたような赤い発疹ができ、次第に水疱に変わります。その後、膿疱(水疱が化膿してうみをもつ)、痂皮(かさぶた)となって約3週間で治ります。免疫力が非常に落ちていると、全身にみずぼうそうと同じような発疹が現れます。また、深い潰瘍を形成し、痕になってしまうこともあります。痛みは、まったくないもの...

症状から診断できますが、虫刺され、接触皮膚炎、単純ヘルペス、丹毒と区別する必要があります。発疹の一部をはさみで採取して顕微鏡で細胞を観察する方法、ウイルスを分離する方法や、ウイルスの抗原または核酸を検出する方法で診断します。早期の場合は、抗ウイルス薬(ゾビラックス、バルトレックス、ファムシクロビル)の内服が通常の治療ですが、重症の時は入院し、抗ウイルス...

関連ワード

「帯状疱疹」に関するQ&A

11,814件

「帯状疱疹」に関するQ&Aをもっと見る

「帯状疱疹 皮膚科」に関するQ&A

2,543件

「帯状疱疹 皮膚科」に関するQ&Aをもっと見る