巨赤芽球性貧血

147件

細胞が増えるためにはDNAの合成が必要で、その際、ビタミンB12葉酸が関係しています。ビタミンB12は胃の壁細胞から分泌される内因子と結合し、回腸(小腸)の末端部で吸収され、肝臓に貯蔵されます。葉酸は十二指腸と空腸(小腸)の上部で吸収されます。ビタミンB12あるいは葉酸欠乏すると細胞分裂がうまくいかないため、骨髄中の赤芽球(赤血球になる前の未熟な細...

貧血は徐々に進むことが多いため、体が順応して初期には明らかな貧血症状がみられないこともあります。一般的な貧血症状(動悸、息切れ、易疲労感、全身の倦怠感、頭重感、顔面蒼白など)に加えて、消化器症状として舌の表面がツルツルになり(舌乳頭萎縮)、痛みを伴うハンター舌炎や、味覚低下、食欲不振、悪心などのほかに若年者での白髪もみられます。さらに、ビタミンB12の...

血液検査で、大球性高色素性貧血(MCV・MCHの高値、MCHCは正常)、白血球減少および血小板減少(汎血球減少)を示すことが多く、白血球分類で過分葉好中球がみられます。生化学検査では、間接ビリルビンおよびLDHが高値、ハプトグロビンが低値を示します。骨髄検査では、赤芽球系細胞が過形成を示し、巨赤芽球が高率に認められます。特殊な検査としては、ビタミンB1...

巨赤芽球性貧血の原因は、表2に示すようにビタミンB12の摂取不良・吸収障害および葉酸の摂取不足・吸収障害・需要増大など多岐にわたります。このうち、自己免疫によって胃粘膜の萎縮が生じ(胃壁細胞抗体)、内因子の分泌が低下し(内因子抗体)、ビタミンB12の吸収障害が起こったものを悪性貧血といいます。ビタミンB12の吸収部位である回腸(小腸)を切除した場合だけ...

関連ワード

「巨赤芽球性貧血」に関するQ&A

147件

「巨赤芽球性貧血」に関するQ&Aをもっと見る

「巨赤芽球性貧血 ビタミンb12」に関するQ&A

52件

「巨赤芽球性貧血 ビタミンb12」に関するQ&Aをもっと見る