尿道下裂

89件

陰茎腹側面の発育に欠陥があり、その近くに外尿道口が開いている状態を尿道下裂といいます。男児外陰・尿道の先天的な異常としては頻度が高く、欧米では男児出生300人に1人といわれています。日本ではやや少ないようですが、最近増加傾向にあります。出生時に外尿道口亀頭部の先端に開いていないことで診断は容易ですが、その位置によって、亀頭部、冠状溝部、陰茎振子部、陰...

出生時に外尿道口亀頭部の先端に開いていないことで診断は容易ですが、その位置によって、亀頭部、冠状溝部、陰茎振子部、陰茎陰嚢部、陰嚢部、会陰部に分類されます(図14)。外尿道口会陰、陰嚢などに開く場合、矮小陰茎陰茎前位陰嚢、二分陰嚢(陰嚢が左右に二分した状態)、さらに停留精巣の合併が多くなります。また、外尿道口から包皮小体にかけて陰茎索といわれる結...

従来から遺伝的要因、出生前環境因子が本疾患の発生に関係しているといわれています。そのため、家族内発生の有無や母親が妊娠中にプロゲステロンなどのホルモン剤やアスピリン、インドメタシンなどの解熱薬を使用したかどうかなどの聴取を行います。家族内発生をみた場合には、半陰陽と区別するために染色体検査、ホルモン検査、内性器・性腺の確認のために内視鏡検査を行います。...

胎生9週ころから男性ホルモン(テストステロン)が分泌され始め、これが陰茎・尿道の形成過程に関係します。尿道下裂の発生には胎児の精巣自体のホルモン産生や作用異常、あるいは外的要因である母体の内分泌環境の変化が関係しています。近年の増加は環境ホルモンの影響が疑われています。陰茎亀頭の発達はアンドロゲンによって促され、12~15週ころに1本の尿道となります。...

関連ワード

「尿道下裂」に関するQ&A

89件

「尿道下裂」に関するQ&Aをもっと見る

「尿道下裂 手術」に関するQ&A

28件

「尿道下裂 手術」に関するQ&Aをもっと見る