尿路感染症

1,462件

尿路感染症とは、腎臓、腎盂、尿管、膀胱、尿道、前立腺、精巣、副精巣などの尿路の非特異的感染を総称した名称です。高齢者では、加齢に伴う膀胱排尿機能の低下による残尿の増加と感染防御機構の減弱が根底にあり、そこにさらに、表15のような尿路の異常が合併すると、外尿道口から細菌が逆行して尿路管腔内へ侵入し、容易に感染を引き起こすようになります。このため、単一の...

(1)細菌尿、膿尿尿沈渣の所見で、白血球増多が認められた場合、本感染症を疑います。また、中間尿の細菌培養をして、尿lmlあたり105個以上の細菌コロニーが観察されれば、確定診断となります。同時に、細菌の同定と薬剤感受性試験を行います。(2)細胞診血尿が認められた場合は、慢性に経過する感染症の背景に炎症、結石以外に悪性腫瘍性疾患がないかを診る目的で悪性細...

まず尿路の異常を引き起こしている原因が治療可能な場合は、その治療を優先します。尿道の留置カテーテルが必要な場合は、留置期間をできる限り短くし、閉鎖式の管理を行います。おむつは極力避けることが賢明です。外陰部や外尿道口は常に清潔に保っておくことが大切です。残尿がある場合は尿道カテーテルによる間欠性導尿を行います。導尿操作は十分な消毒を行って、人為的な新た...

関連ワード

「尿路感染症」に関するQ&A

1,462件

「尿路感染症」に関するQ&Aをもっと見る

「尿路感染症 尿検査」に関するQ&A

255件

「尿路感染症 尿検査」に関するQ&Aをもっと見る