尿崩症

615件

抗利尿ホルモン下垂体後葉から放出されて、腎臓にはたらき、水の再吸収を行い、体内の水分調節をします。抗利尿ホルモンの分泌や作用が障害されると、この水の再吸収が行われず、尿として出てしまうために多尿となります。多尿により、のどが乾き、冷たい水を多量に欲します。多尿とそれによる多飲が主症状です。突然に発症し、強いのどの乾きがあります。尿量は1日3l以上とな...

多尿とそれによる多飲が主症状です。突然に発症し、強いのどの乾きがあります。尿量は1日3l以上となり、夜間でも減少しません。夜間の排尿回数が多くても、1回量が少ない夜間頻尿と区別する必要があります。本症では、比重や浸透圧が低い尿が出ます。

血中の抗利尿ホルモンと血中、尿中の浸透圧を調べます。血中浸透圧は高く、尿中浸透圧は低いですが、血中抗利尿ホルモンは低値となります。また、摂取水分量を制限し、採尿と採血をして、浸透圧の変化を調べます。正常では尿の浸透圧が上昇(濃縮尿)しますが、尿崩症では上昇しません。さらに、抗利尿ホルモンを注射して、その効果を調べます。中枢性では尿量が減少しますが、腎性...

抗利尿ホルモンの分泌または作用障害による中枢性と、腎臓でうまくはたらかない腎性とがあります。その原因は不明のものが多いとされています。中枢性の場合、脳腫瘍や外傷、手術後などに起こることもあります。下垂体炎によるものや、まれに遺伝子異常によるものも報告されています。

関連ワード

「尿崩症」に関するQ&A

615件

「尿崩症」に関するQ&Aをもっと見る

「尿崩症 デスモプレシン」に関するQ&A

18件

「尿崩症 デスモプレシン」に関するQ&Aをもっと見る