小児副鼻腔炎

7件

小児で副鼻腔に炎症を起こした場合をいいます。急性の副鼻腔炎は成人と比較してまれなので、ここでは小児慢性副鼻腔炎について述べます。成人慢性副鼻腔炎と同様に、副鼻腔の炎症が慢性化したものをいいます。成人慢性副鼻腔炎と比較して薬の効果が高く、保存的治療で治る場合が多いです。また、アレルギー性鼻炎を合併する場合が多く認められます。鼻づまり鼻汁が起こりやす...

鼻づまり鼻汁が起こりやすくなります。成人慢性副鼻腔炎に多くみられる、においがわからない、鼻汁がのどに回るなどの訴えは少ないです。アデノイドの肥大やアレルギー性鼻炎が加わることがしばしばあり、鼻づまりをさらにひどくさせ、いびきや口呼吸が生じることがあります。

鼻のなかには鼻汁が認められます。成人慢性副鼻腔炎と比較して鼻茸をみることは少なく、鼻粘膜のはれを来すことが多くみられます。単純X線検査で副鼻腔に陰影があれば診断できます。アデノイドの肥大やアレルギー性鼻炎が合併しやすいので、アデノイド肥大の有無やアレルギー検査を同時に行うことは大変重要です。耳鼻咽喉科専門医で、定期的に鼻・副鼻腔にたまった鼻汁をきれい...

原因菌として、インフルエンザ菌、肺炎球菌が多く認められます。成人慢性副鼻腔炎の原因になる黄色ブドウ球菌はあまり多くありません。最近、ペニシリン耐性肺炎球菌、ペニシリン耐性インフルエンザ菌、メチシリン耐性黄色ブドウ球菌など、抗菌薬の効きにくい菌が増えています。

関連ワード

「小児副鼻腔炎」に関するQ&A

7件

「小児副鼻腔炎」に関するQ&Aをもっと見る

「小児副鼻腔炎 慢性副鼻腔炎」に関するQ&A

3件

「小児副鼻腔炎 慢性副鼻腔炎」に関するQ&Aをもっと見る