子宮筋腫

17,030件

子宮筋腫は、主に子宮筋層内の平滑筋成分から発生し、女性ホルモン(エストロゲン)のはたらきによって発育する良性腫瘍です。婦人科の腫瘍のなかでは最も多い病気で、その発生頻度は30歳以上の女性で20~30%と推測されています。さらに非常に小さな筋腫も含めると、過半数の女性にあると考えられています。20代の女性にもみられます。小は顕微鏡的な大きさから、大は数十...

粘膜下筋腫や大きな筋層内筋腫の場合は、筋腫がある部分の子宮内膜が薄くなり、うっ血、壊死、潰瘍などが生じて月経の出血量が増えます。そのため、貧血になることがあり、動悸・息切れなどの貧血症状で筋腫が発見されることも少なくありません。筋腫のこぶが握りこぶし大以上になると、下腹部に腫瘤感や膨満感を自覚することがあります。また、子宮腔の変形による月経血の排出障害...

内診、超音波検査、MRIなどにより診断されます。子宮筋腫はすべて治療が必要になるわけではなく、治療の対象になるのは全症例の10%程度とされています。症状が強い場合、悪性が否定できない場合、不妊の原因になっていると考えられる場合、分娩障害が予測される場合などが手術の対象になります。実際には、年齢、症状の程度、妊娠の希望の有無など、さまざまな条件を考慮して...

子宮筋腫ができる原因については不明な点が多いのですが、現在、次のような仮説が提唱されています。未分化な子宮平滑筋細胞が、胎児期の分化の過程でいろいろな影響を受け、筋腫の芽になる細胞が子宮筋層内に発生し、思春期から増えてくる性ステロイドホルモンに反応して子宮筋腫に成長していく、という説です。実際、初経が来る前には子宮筋腫はみられず、また閉経後には筋腫の発...

関連ワード

「子宮筋腫」に関するQ&A

17,030件

「子宮筋腫」に関するQ&Aをもっと見る

「子宮筋腫 婦人科」に関するQ&A

4,740件

「子宮筋腫 婦人科」に関するQ&Aをもっと見る