子宮付属器炎

44件

卵巣と卵管を総称して子宮付属器と呼び、この子宮付属器に起こる炎症子宮付属器炎といいます。付属器を越えて炎症が骨盤腹膜内に広がると骨盤腹膜炎、さらに腹部全体に広がると汎腹膜炎になります。下腹部痛と発熱が主な症状です。腹膜刺激があると下腹部を押して離す時に強い痛みを感じます。気分不快、嘔吐などの消化器症状を伴うこともあります。なるべく早く婦人科を受診する...

下腹部痛と発熱が主な症状です。腹膜刺激があると下腹部を押して離す時に強い痛みを感じます。気分不快、嘔吐などの消化器症状を伴うこともあります。

内診と血液検査が重要です。瘤膿腫を伴うものでは画像診断が有用で、超音波断層法、MRI、CTなどにより子宮付属器に膿状の内溶液を含む袋状の構造物が認められます。内診では付属器の圧痛、熱感、子宮頸部の移動痛などが認められます。血液検査で白血球の増加、CRPの上昇、赤沈亢進などの急性炎症反応が認められます。腹腔鏡が診断に有用なこともあります。原因となっている...

ほとんどの場合、細菌などの感染によります。子宮付属器は子宮内腔、腟を介して外界とつながっているため、外界から病原菌が進入する可能性があります。子宮付属器における局所の免疫機能が低下するか、あるいは、病原体の進入が過剰となった時に子宮付属器炎が起こります。不潔な性行為や性感染症の患者さんとの性行為などで起こりやすく、子宮内操作を伴う医療行為、子宮避妊リン...

関連ワード

「子宮付属器炎」に関するQ&A

44件

「子宮付属器炎」に関するQ&Aをもっと見る

「子宮付属器炎 クラミジア」に関するQ&A

15件

「子宮付属器炎 クラミジア」に関するQ&Aをもっと見る