大腿骨頸部骨折

616件

大腿骨頸部骨折とは、股関節(足の付け根の部分)の中で大腿骨の骨頭を支える頸(くび)の部分の骨折です。骨粗鬆症が基盤にある高齢者では頻度が高い骨折のひとつで、高齢化社会を迎えて増加してきています。多くは転倒して臀部を打撲して骨折しますが、骨粗鬆症のひどい人はケガがなくても徐々に骨折することがあります(大腿骨頸部脆弱性骨折)。一方、若い人では交通事故や高所...

高齢者が転倒して立ち上がれなくなった時には、まず、この骨折が考えられます。骨折した足は短くなり、外側に開いたような形をとります。自分で足を動かすことはできず、他人が動かすと強く痛がります。外側骨折では関節外の骨折であることより、臀部の外側中心に、出血やはれが徐々に出現してきます。しかし、時には骨折が軽度で、骨折した部分がお互いに噛み合って安定した形とな...

股関節の2方向のX線写真をとると、骨折の形と部位が明らかになります。しかし脆弱性骨折では、X線では最初のころはわからないことが多く、症状から骨折が疑われる時にはMRI検査が必要となります。この骨折に保存的治療(手術以外の治療)を行うと、長時間の臥床を強いることになり、高齢者ではいろいろな合併症を引き起こします。そのため、原則として手術を行い、早くから歩...

関連ワード

「大腿骨頸部骨折」に関するQ&A

616件

「大腿骨頸部骨折」に関するQ&Aをもっと見る

「大腿骨頸部骨折 大腿骨頸部」に関するQ&A

23件

「大腿骨頸部骨折 大腿骨頸部」に関するQ&Aをもっと見る

「大腿骨頸部骨折」が多く含まれるカテゴリは?