多発性骨髄腫

510件

多発性骨髄腫は、骨髄中形質細胞というリンパ球腫瘍化した病気で、単に骨髄腫ということもあります。腫瘍化した形質細胞を骨髄腫細胞と呼びます。形質細胞抗体免疫グロブリン)を産生する細胞ですが、多発性骨髄腫になると異常な抗体(M蛋白)が産生され、正常な抗体はむしろ低下するために免疫力は低下します。おもに50歳以上の中高齢者に発症する病気です。

多発性骨髄腫の症状は、骨の痛み、病的骨折・圧迫骨折、倦怠感、貧血、出血傾向、感染症に対する抵抗力の低下などです(表14)。このうち、最も一般的な症状は、背中や腰の痛み、貧血による倦怠感です。しかし、初期には症状が乏しく、定期健診で偶然に診断されることもあります。骨の痛みと貧血がある時には、多発性骨髄腫の可能性を常に念頭におくことが重要です。背中や腰の痛...

多発性骨髄腫の症状は、骨の痛み、病的骨折・圧迫骨折、倦怠感、貧血、出血傾向、感染症に対する抵抗力の低下などです(表14)。このうち、最も一般的な症状は、背中や腰の痛み、貧血による倦怠感です。しかし、初期には症状が乏しく、定期健診で偶然に診断されることもあります。骨の痛みと貧血がある時には、多発性骨髄腫の可能性を常に念頭におくことが重要です。背中や腰の痛...

関連ワード

「多発性骨髄腫」に関するQ&A

510件

「多発性骨髄腫」に関するQ&Aをもっと見る

「多発性骨髄腫 レブラミド」に関するQ&A

8件

「多発性骨髄腫 レブラミド」に関するQ&Aをもっと見る