外傷性視神経症

11件

主に、眉毛部外側の打撲によって、視神経管(視神経が頭蓋内に入っていく際に通るトンネルのような細い骨の穴で、視束管ともいう)で視神経が障害されることによる同側の視力・視野障害のことをいいます。重症の場合では光覚を失うこともあるため、緊急に眼科的検査、診断および治療が必要になります。眉毛部の打撲傷(図66)に伴う同側著しい視力低下や、視野障害(「上半分が...

眉毛部の打撲傷(図66)に伴う同側著しい視力低下や、視野障害(「上半分が見えない」などの水平半盲が多いとされる)が起こります。鼻出血を伴うこともあります。ただし、意識障害のため、または受傷直後まぶたがはれて眼がふさがっているため、症状を自覚できない場合もあります。その意味で受傷後早期の眼科専門医による診察、検査が大変重要です。

早期の検査としては、ベッドサイドや救急外来でも可能な瞳孔反応検査が有用です。両眼の瞳孔に交互に光をあてて対光反応の左右差をみる検査で、左右差が明らかな場合は視神経障害の可能性が高くなります。この検査は、たとえ意識障害がある場合でも行うことができます。この検査で陽性の場合は、視力、視野、眼底などの眼科的検査を進めていきます。画像診断として、視束管撮影、眼...

多くは、外傷の衝撃による視神経管内での視神経線維の血管原性浮腫(むくみ)や循環障害が原因になります。まれに、視神経管内の血腫による圧迫や、視神経管骨折による視神経の直接損傷がCTなどの画像診断で確認される場合もあります。外傷のなかでも、オートバイや自転車などによる交通事故、墜落事故、前額部の強打が原因として多く報告されています。いずれにせよ眉毛部を強く...

関連ワード

「外傷性視神経症」に関するQ&A

11件

「外傷性視神経症」に関するQ&Aをもっと見る