外傷性気胸

89件

空気胸腔内にたまって、肺が虚脱(小さく収縮)した状態を気胸と呼びます(図36‐A)。通常胸腔内の圧は外気圧より低くなっていますが、外傷などで外から空気が流入すると、肺は縮んで呼吸できなくなります。胸腔内空気が流入する経路としては肺損傷、気管・気管支損傷、胸壁損傷があります。外傷性気胸の多くは、肋骨の骨折端による肺損傷に伴って発生します。気胸のうち...

症状呼吸運動により強まる胸の痛み、息切れ、呼吸困難、胸内苦悶などで、時に皮下気腫を伴うことがあります。開放性気胸では、外界空気が胸壁創を通って自由に胸腔内へ出入りするため、損傷側の肺は高度に虚脱し、呼吸困難やチアノーゼ(皮膚などが紫色になる)を示します。胸部を観察すると胸壁創からの空気の出入りが認められ、傷が小さい場合には呼吸運動に伴い、胸壁創から...

開放性気胸は前述の症状から診断可能ですが、胸壁に傷を伴わない通常の気胸の多くは、医師の診察と胸部単純X線撮影によって診断されます。軽度の気胸の場合には、単純X線撮影で診断がつかず、胸部CT検査で診断されることもあります。気胸が軽度であれば安静臥床のみで軽快するものもありますが、進行した場合には胸腔穿刺(針を刺す)を行って胸腔内空気を排除したり、胸腔内...

大きな外力が胸壁に作用した結果であり、交通外傷や墜落外傷のほか、挟圧外傷(はさまれたことによる外傷)や暴行などによる場合もあります。開放性気胸は、胸部刺創(刺された場合など)や爆傷(爆発によって受ける外傷)の際にみられます。

関連ワード

「外傷性気胸」に関するQ&A

89件

「外傷性気胸」に関するQ&Aをもっと見る

「外傷性気胸 気胸」に関するQ&A

27件

「外傷性気胸 気胸」に関するQ&Aをもっと見る