四肢麻痺

456件

四肢の運動麻痺があれば、または脊髄(頸髄)の損傷が疑われます。意識がはっきりしていて知覚障害を伴っていれば、頸髄損傷と診断されます。ここでは頸髄損傷による四肢麻痺について述べます。

(1)神経学的検査まず呼吸や循環の状態をチェックしつつ神経学的な検査を行い、脊髄麻痺の高位(どの高さで麻痺が起こっているか)、麻痺の程度を診断します。すなわち意識レベル、瞳孔の大きさ、左右差、対光反射、四肢腱反射、四肢の筋力検査、知覚検査とともに、会陰部の知覚や肛括約筋の収縮の有無を検査します。損なわれた脊髄以下の運動や知覚がわずかでも残っていたり、会...

関連ワード

「四肢麻痺」に関するQ&A

456件

「四肢麻痺」に関するQ&Aをもっと見る