喉頭がん

3,207件

がんと並んで喫煙歴と高い相関があるがんです。日本では外国ほど多くはありませんが、10年前と比較して徐々に増加してきています。とくに女性増加しており、これは女性の喫煙率の増加と相関があると考えられています。また、喫煙歴のない患者さんも少数いますが、この場合は胃液などの逆流による慢性刺激が誘因として考えられています。食生活の欧米化に伴って胃食道逆流症が...

がん声帯に発生した場合、声がれで発症し、比較的早期に発見されることもあります。しかし、声帯より上方もしくは下方にがんがある場合、必ずしも声の症状を呈してこないので、時に無症状のまま腫瘍が増大し、気道狭窄、嚥下困難などの症状で発見される場合もあります。

まずファイバースコープでがん病変の有無と、がんの浸潤によって声帯運動障害や反回神経麻痺が起こっていないかをよく観察します。小さながんや粘膜下に広がるがんで通常のファイバースコープでは判別できない場合は、NBI(狭域帯)内視鏡やストロボスコピーによる観察が有用です。病変部の一部を切除し、病理検査によって最終診断を行います。その後、CTやMRIにより腫瘍の...

喫煙との因果関係が明らかになっています。また、飲酒歴や胃食道逆流症の影響も指摘されています。とくに胃食道逆流症に関しては、放射線治療中や治療後の状態にも影響することが報告されているので、喉頭がんと同時に胃食道逆流症の治療を行う必要のある場合があります。

関連ワード

「喉頭がん」に関するQ&A

3,207件

「喉頭がん」に関するQ&Aをもっと見る

「喉頭がん 食道がん」に関するQ&A

320件

「喉頭がん 食道がん」に関するQ&Aをもっと見る