唾石症

277件

尿路結石や胆石と同様、唾液腺にも結石が生じます。ほとんどの例は、顎下腺に起こりますが、少数例は、耳下腺にも生じます。舌下腺に生じることはまれで、小唾液腺に発生することはほとんどありません。唾液は唾液腺を構成する無数の腺房というところで作られます。腺房で作られた唾液は管を通じて集まり、最終的には1本の管(排出管)に集まり、なかに出てきます。多くの場合...

唾液は唾液腺を構成する無数の腺房というところで作られます。腺房で作られた唾液は管を通じて集まり、最終的には1本の管(排出管)に集まり、なかに出てきます。多くの場合、結石はこの排出管なかにできます。1本しかない排出管結石があると、唾液の通過障害が起こります。食事をすると、唾液腺は唾液を作ってなかに出そうとしますが、途中の結石のために唾液がの...

典型的な症状があれば、なかの視診や触診により診断が可能です。通常結石は1個ですが、時には多発していることもあります。X線による検査、とくにCTが診断・治療に有用です。結石は自然に排出されることもありますが、多くの場合は手術が必要です。排出管でも出に近い部位にできたものでは、なか排出管を切り開いて石だけを摘出することにより容易に治療できます。...

原因は不明ですが、唾液の排出管に入り込んだ異物や細菌などを核として、そのまわりに唾液に含まれるカルシウムが沈着してできると考えられます。治療のため摘出した結石を割ってみると、沈着したカルシウムが年輪のようにみえます。結石のできはじめは当然小さいのですが、自然に排出されないと次第に大きくなっていきます。

関連ワード

「唾石症」に関するQ&A

277件

「唾石症」に関するQ&Aをもっと見る

「唾石症 唾液腺」に関するQ&A

87件

「唾石症 唾液腺」に関するQ&Aをもっと見る