咬合性外傷

123件

咬合性外傷は、歯肉を除いた歯周組織(セメント質、歯槽骨、歯根膜、図30)に起こる外傷性病変です。歯周組織が健全な歯に、歯ぎしりなどによる強いが加わって起こる外傷(一次性咬合性外傷)と、歯周炎にかかって歯の支えが弱くなった歯に正常な噛むが加わって起こる外傷(二次性咬合性外傷)とがあります。咬合性外傷の原因は、異常なあるいは生理的なです。また、経過...

主な症状は、噛んだ時の痛み、歯の揺れ、浮いた感じなどです。むし歯の治療時に詰め物をしたり、冠をかぶせた時にも、このような痛みや違和感が一時的に現れることがあります。歯周組織が健全な場合は、噛み合わせを再度チェックしてもらい、必要に応じて高さを調整してもらうと治ることが多いです。しかし、歯周炎にかかっている歯にこのような症状が現れると、歯の支えが弱くなっ...

成人の多くは、歯周炎と咬合性外傷が合併しています。したがって、歯みがきでプラークをコントロールして炎症を除き、噛み合わせをコントロールして特定の歯に異常なが加わらないようにすることが治療の基本になります。歯科医は噛み合わせを精密検査し、特定の歯のみがあたらないように歯を少し削って調整し、バランスをとります。歯並びが悪かったり、噛み合わせの異常が大きい...

関連ワード

「咬合性外傷」に関するQ&A

123件

「咬合性外傷」に関するQ&Aをもっと見る

「咬合性外傷 歯医者」に関するQ&A

69件

「咬合性外傷 歯医者」に関するQ&Aをもっと見る