周期性四肢麻痺

113件

体細胞の内外では、電解質の濃度に差があります。内外の濃度差を調節するために、細胞膜にはさまざまなチャンネル(通路)が存在しています。周期性四肢麻痺はこれらのチャンネルの異常で起こる病気です。最近は遺伝子検索が発達して、低カリウム血性周期性四肢麻痺は第1番染色体にあるカルシウムチャンネルの遺伝子異常、高カリウム血性の場合は第17番染色体にあるナトリウムチ...

急に脱力が発生します。筋痛があることもありますが、程度は軽症です。典型的な低カリウム血性の場合は、お祭りなどでたくさんご馳走を食べた翌朝に起き上がれなくなるというものです。発作のない間欠期には症状はありません。高カリウム血性は、パラミオトニーという病気と同じといわれています。これは、筋収縮後に自分の意志で筋肉を弛緩できないというミオトニーの症状に加えて...

発作時には、まず血清カリウムの値をチェックして分類します。発作誘発試験としては、低カリウム血性の場合は飽食試験やインスリンと糖液を点滴する方法、高カリウム血性ではカリウム液を投与する方法などがあります。しかし、試験で血清カリウムを上下させることは、心臓に対して悪影響を及ぼすので、最近ではあまり行われなくなっています。組織の一部を採取して調べる筋生検では...

関連ワード

「周期性四肢麻痺」に関するQ&A

113件

「周期性四肢麻痺」に関するQ&Aをもっと見る

「周期性四肢麻痺 バセドウ病」に関するQ&A

29件

「周期性四肢麻痺 バセドウ病」に関するQ&Aをもっと見る