吸収不良症候群

36件

経口摂取したいろいろな栄養素、とくに脂肪の消化吸収が阻害された病態を指し、障害の程度や持続期間によって低栄養状態を来すことがあります。このなかにはさまざまな病気が含まれますが、栄養素の吸収過程自体の異常に基づく原発性吸収不良症候群と、原因となる病気によって二次的に起こる続発性吸収不良症候群に大きく分けられます。日常の臨床では、後者によるものが大部分を占...

下痢、脂肪便(泥状便で酸性臭がある)、体重減少、全身倦怠感、腹部膨満感、浮腫、貧血、出血傾向、病的骨折、テタニー(四肢の硬直性けいれん)、皮疹などがみられます。各種栄養素の吸収過程で最も早く障害を受けるのは脂肪なので、脂肪吸収障害に基づく慢性下痢や脂肪便が高頻度にみられる最も重要な症状です。また、日本人に多いラクターゼ欠乏症では、牛乳など乳糖を含む食物...

糞便検査では脂肪便、血液検査では貧血、低蛋白血症、低アルブミン血症、低コレステロール血症、低カルシウム血症がみられます。消化吸収試験として、糞便脂肪量の測定、D‐キシロース吸収試験、呼気水素試験、乳糖負荷試験、シリング試験、膵外分泌機能検査などが行われ、障害部位や程度の診断に有用です。さらに、小腸X線検査、十二指腸・小腸内視鏡検査、生検による組織検査、...

原発性吸収不良症候群の代表的な病気にスプルー、腸酵素欠乏症があります。スプルーは、セリアックスプルー(グルテン腸症)と熱帯性スプルーに分類されます。セリアックスプルーが、小麦蛋白のグルテンに対する過敏反応によって生じ、遺伝的素因の関与が推測されているのに対し、熱帯性スプルーは感染症に起因すると考えられています。いずれも欧米に多く、日本では極めてまれな病...

関連ワード

「吸収不良症候群」に関するQ&A

36件

「吸収不良症候群」に関するQ&Aをもっと見る

「吸収不良症候群 ギャル曽根」に関するQ&A

6件

「吸収不良症候群 ギャル曽根」に関するQ&Aをもっと見る