原田病

62件

日本では、ベーチェット病サルコイドーシスとともに、頻度の高いぶどう膜炎のひとつです。日本人を含め、アジア系の人種に多くみられます。色素細胞に対して免疫反応が起こることが原因と考えられ、眼だけでなく、色素細胞がある脳、皮膚、毛髪、内耳などの組織も侵されるため、ぶどう膜・髄膜炎症候群とも呼ばれています。発熱、のどの痛みなどのかぜのような症状、耳鳴り、難聴...

発熱、のどの痛みなどのかぜのような症状、耳鳴り、難聴、めまい、頭痛などが先に現れることもあります。時に頭皮にピリピリするなどの違和感が出てきます。眼の症状としては、まぶしい、眼の奥のほうが痛い、物が見えにくいなどが、通常、両眼に現れます。

眼底検査を行うと、網膜剥離を伴う特徴的な炎症像がみられます。この網膜剥離は滲出性網膜剥離と呼ばれ、炎症に伴って起こるもので、通常の網膜に裂孔ができて起こる網膜剥離とは違い、手術の必要はありません。炎症を鎮めることによって治ります。蛍光眼底造影検査を行うと、網膜剥離に相当するところで造影剤が漏出するなどの特有の所見が得られます。髄液検査や聴力検査なども必...

どうして色素細胞に対する免疫反応が起こるのかは、わかっていません。遺伝的素因が関係しているといわれており、白血球の血液型にあたる組織適合抗原(HLA)のなかの特定の型(DR4やDR53)が深く関わっているといわれています。

関連ワード

「原田病」に関するQ&A

62件

「原田病」に関するQ&Aをもっと見る

「原田病 ステロイド」に関するQ&A

16件

「原田病 ステロイド」に関するQ&Aをもっと見る