卵胞期短縮症

5件

排卵月経周期がある女性で、卵胞期が短縮するために月経周期が短縮する状態です。頻繁に月経が来ることで気づきます。月経周期には個人差があります。もともと短い周期の正常排卵周期の女性もいて、このような場合は卵胞期短縮症という病気とは異なります。また、思春期排卵周期が確立する前の段階で、短い周期で月経が来ることもあります。これは無排卵で、卵胞期短縮症ではあり...

月経周期の短縮という症状で自覚されます。基礎体温を測ると、排卵性周期であることがわかります。

基礎体温を測って卵胞期の短縮が認められれば、卵胞期短縮症が疑われます。さらに血液中の卵巣刺激ホルモン(ゴナドトロピン)、とくにそのなかの卵胞刺激ホルモン(FSH)の濃度を測定して軽度に上昇していれば、卵巣機能が低下しているとされ、卵胞期短縮症と考えられます。妊娠を望むかどうかで対処法が異なります。妊娠を望まない場合は、治療の必要はありません。妊娠を望む...

加齢とともに卵巣機能が低下してくると、脳の中枢へのフィードバックが十分に機能しなくなり、中枢からの卵巣刺激ホルモンの分泌が上昇するようになります。卵巣機能の低下がまだ軽度の段階では、上昇した卵巣刺激ホルモンに反応する卵胞もあり、このため卵胞の発育が早まり、排卵が早く起こります。したがって、妊娠の機会が増すこともありますが、このような年齢での卵は質的に十...

関連ワード

「卵胞期短縮症」に関するQ&A

5件

「卵胞期短縮症」に関するQ&Aをもっと見る

「卵胞期短縮症 生理」に関するQ&A

2件

「卵胞期短縮症 生理」に関するQ&Aをもっと見る