卵巣機能低下症

23件

卵巣機能が早期に低下する病態で、早発卵巣不全と呼ばれることもあります。極端な場合は、早期に閉経となる場合があり、43歳未満で閉経になるものは早発閉経と呼ばれています。一方、このような状態で卵巣が排卵する能力を完全に失っているかというと、必ずしもすべての人がそうではありません。卵巣に卵胞が存在して排卵を誘発することが可能な場合と、卵巣に卵胞が残存していな...

35~40歳で無排卵となり、多くの場合は無月経になります。原因によっては、もっと早期無月経になることもあります。無月経になる前の段階として、月経周期が延長した稀発月経の期間があり、この段階ではすでに無排卵になっていることが多く、基礎体温は低温一相性(月経周期に高温期がなく、低温期のまま経過する)となっていることがほとんどです。

卵巣機能が低下していることが証明されれば、早発卵巣不全の可能性が考えられます。この証明には、卵巣からの分泌ホルモンであるエストロゲン(卵胞ホルモン)の測定はあまり意味がなく、むしろエストロゲンのフィードバックを受ける脳下垂体からの性腺刺激ホルモン(ゴナドトロピン)の測定が役立ちます。卵巣機能の低下により、フィードバックを受けなくなった脳下垂体からのゴナ...

ほとんどの場合、原因は不明です。先天的に染色体異常があり、そのために早発卵巣不全になる人が多いことや、甲状腺や副腎、筋肉などに対する自己免疫性疾患(甲状腺機能亢進症、アジソン病、重症筋無力症など)をもつ人に多いことが知られています。とくに、自己免疫性疾患と早発卵巣不全との合併がよくみられることから、早発卵巣不全が卵巣に対する自己免疫性疾患である可能性が...

関連ワード

「卵巣機能低下症」に関するQ&A

23件

「卵巣機能低下症」に関するQ&Aをもっと見る

「卵巣機能低下症 生理」に関するQ&A

10件

「卵巣機能低下症 生理」に関するQ&Aをもっと見る