切れ痔

9,457件

肛門の外傷といえる病気です。硬い便により肛門が切れて生じます(図13)。排便に痛みが伴いますが、出血はわずかです。女性に多くみられ、肛門の病気としては女性では痔核に次いで多くなっています。特徴的なのは痛みです。排便の時、かなり強い鋭い痛みを感じ、排便するのが嫌になるほどです。排便後もジーンとした痛みが、内括約筋がけいれんしている間は続きます。出血はきれ...

特徴的なのは痛みです。排便の時、かなり強い鋭い痛みを感じ、排便するのが嫌になるほどです。排便後もジーンとした痛みが、内括約筋がけいれんしている間は続きます。出血はきれいな赤い血で、概して紙に付く程度のわずかなことが多いのですが、時にポタポタとかなり量が多いこともあります。裂肛が慢性化すると肛門潰瘍になります(図14)。これは裂肛部分が潰瘍状に深くなるも...

裂肛が新しく、慢性化していない時期では、保存的に治療します。排便時の痛みがひどく、薬を使っていてもなかなか治らなかったり、いったん治っても裂肛を繰り返す場合は、狭くなった部分を解除する内括約筋側方切開を行います(図15)。これは肛門狭窄部を解除することで裂肛の痛みを和らげたり、肛門を切れにくくする方法です。肛門のまわりの皮膚から細いメスを挿入して、狭く...

硬い便の排出で、肛門をおおっている肛門上皮という、伸展性がなく傷つきやすいデリケートな部分が切れます。とくに裂肛の好発部位である肛門後方は血流が乏しいことで知られていて、切れやすい部分といえます。切れると痛みを強く感じ、痛みを感じた瞬間に肛門を囲んでいる内括約筋は反射的にけいれんを起こします。裂肛になる人の場合、内括約筋の緊張が高いことが知られています...

関連ワード

「切れ痔」に関するQ&A

9,457件

「切れ痔」に関するQ&Aをもっと見る

「切れ痔 肛門」に関するQ&A

3,177件

「切れ痔 肛門」に関するQ&Aをもっと見る