分離不安障害

21件

人は生まれた時から自立した存在ではありません。一般に、母親(またはそれに代わる人)に依存した存在から始まり、乳幼児期から学童期思春期の成長・発達という段階をへて、やがて母親などの依存対象から分離・自立して大人になります。とくに、乳児期から学童期にかけて、母親などの依存対象者との物理的・心理的分離に伴う不安が現れやすくなります。これを分離不安といい、ど...

この障害が比較的多くみられる幼児期から学童期前半には、分離に伴う不安を直接表現することは少なく、身体症状や問題行動として、間接的な表現をとることが多いようです。たとえば身体症状は、頭痛、腹痛、吐き気などの自律神経系のものが多く、問題行動は執拗な甘え(時には赤ちゃんがえり)、夜尿、遺尿(日中目を覚ましている時などに無意識に小便をもらすこと)、多動や乱暴行...

この障害が比較的多くみられる幼児期から学童期前半には、分離に伴う不安を直接表現することは少なく、身体症状や問題行動として、間接的な表現をとることが多いようです。たとえば身体症状は、頭痛、腹痛、吐き気などの自律神経系のものが多く、問題行動は執拗な甘え(時には赤ちゃんがえり)、夜尿、遺尿(日中目を覚ましている時などに無意識に小便をもらすこと)、多動や乱暴行...

関連ワード

「分離不安障害」に関するQ&A

21件

「分離不安障害」に関するQ&Aをもっと見る