分娩麻痺

19件

新生児が出生直後から上肢を動かさない病気です。肩にまったく力が入らず、肘を曲げずに上肢全体をだらっとさせています。重症例では手指もまったく動きませんが、軽症例では手指は動いています。上肢を動かす神経は、大脳から脊髄を通って末梢神経となり、手に向かいます。その途中、神経は頸部から鎖骨のあたりで腕神経叢という複雑な神経網を形成しますが、分娩麻痺はその部分で...

腕神経叢上肢の運動と知覚を司る神経の束で、第5・第6・第7・第8頸神経と第1胸神経の5本の太い神経から構成されています。5本の神経は複雑に交通し、ひとかたまりとなって鎖骨の下を通過して最終的に個々の末梢神経に分岐して終わります(図1)。分娩麻痺の症状は、この腕神経叢のどの部分がどの程度損傷を受けたかで異なり、大きく分けて上位型麻痺、全型麻痺、下位型麻...

患肢を愛護的に扱う必要がありますが、厳密な固定は不要です。生後3~4週目からは関節拘縮(関節が硬くなること)を予防するリハビリテーションを開始します。自然回復がみられないか、みられても不十分な重症例に対しては、生後3ないし6カ月の時点で神経修復手術を行います。その後も麻痺があればリハビリテーションを継続します。機能回復不良例に対しては就学前ごろに関節形...

出産時に赤ちゃんを取り出すために、分娩介助者が赤ちゃんを過度に引っ張った結果、腕神経叢に過大な牽引力が作用して発症する外傷です。ただし、まれではありますが、何らかの理由で子宮内で神経が圧迫されて麻痺が生じたと考えられる例もあるようです。肩幅が頭より大きい巨大児に多くみられます。骨盤位分娩、鉗子分娩、吸引分娩などの異常分娩も発症の危険因子です。帝王切開で...

関連ワード

「分娩麻痺」に関するQ&A

19件

「分娩麻痺」に関するQ&Aをもっと見る

「分娩麻痺 診断書」に関するQ&A

2件

「分娩麻痺 診断書」に関するQ&Aをもっと見る