処女膜裂傷

23件

腟の入り口にある処女膜に生じる裂傷で、性交分娩により起こります。処女膜性交時に破綻しますが、その際に出血痛みを生じることがあります。多くは一時的なものでほとんど処置を必要とすることはありませんが、まれに損傷の程度が大きい裂傷となることがあります。

処女膜性交時に破綻しますが、その際に出血痛みを生じることがあります。多くは一時的なものでほとんど処置を必要とすることはありませんが、まれに損傷の程度が大きい裂傷となることがあります。

左右の小陰唇に囲まれた腟口の入り口にある薄いヒダである処女膜に裂傷を認めます。出血が多い場合や痛みの強い場合は、縫合などの処置を必要とすることがあります。

処女膜性交渉の経験の無い女性ではこのヒダが腟口の一部を塞いでいますが、性交分娩などの過進展により裂傷や破綻します。とくに暴力的な性行為後などに認められ、裂傷が処女膜だけでなく、会陰や腟壁まで及ぶことがあります。

関連ワード

「処女膜裂傷」に関するQ&A

23件

「処女膜裂傷」に関するQ&Aをもっと見る

「処女膜裂傷 処女膜」に関するQ&A

26件

「処女膜裂傷 処女膜」に関するQ&Aをもっと見る