先天性心疾患

772件

先天性心疾患とは、生まれつき心臓に何らかの異常を認める病気です。さまざまな異常があり、その種類により診断名が決められています。1000人あたり6~10人に認められます。心臓は血液を体中に循環させるポンプとしてはたらいています。主に心筋という特殊な筋肉でつくられており、や壁により仕切られた4つの部屋(左心室、右心室、左心房、右心房)からなっています。ま...

疾患によりさまざまです。以下に解説する各疾患の項目を参照してください。代表的な症状としては、母乳やミルクを飲む量が少ない、体重の増え方が少ない、呼吸の数が多い、汗が多い、体の色がさえないなどがあげられます。

X線検査、心臓超音波検査、心電図、血液検査、心臓カテーテル検査が、必要に応じて行われます。とくに心臓超音波検査は、痛みもなく有用です。

原因としてわかっているものは単一遺伝子病、染色体異常、先天感染(風疹、コクサッキーウイルスなど)、環境因子(アルコール、薬剤、母体の糖尿病など)です。しかし先天性心疾患の多くは多因子遺伝といわれています。多因子遺伝とは遺伝的要因と環境要因とが相互に作用しあい、その作用の度合いがある閾値を超えると病気として現れるものです。つまり、これが原因だと何かひとつ...

関連ワード

「先天性心疾患」に関するQ&A

772件

「先天性心疾患」に関するQ&Aをもっと見る

「先天性心疾患 心室中隔欠損症」に関するQ&A

60件

「先天性心疾患 心室中隔欠損症」に関するQ&Aをもっと見る