僧帽弁狭窄症

90件

僧帽弁が狭窄して十分に開かれなくなるために、左心房から左心室に血液が流れ込みにくくなってしまう病気です。弁口の狭窄が進行し、1.5cm2以下(正常の弁口面積は4~6cm2)になると、動作時の息切れや呼吸困難といった心不全症状が現れやすくなります。これは、弁の狭窄により心拍出量が減ってしまうためだけではなく、左心房での血液のうっ滞のために肺からの血液が心...

弁口の狭窄が進行し、1.5cm2以下(正常の弁口面積は4~6cm2)になると、動作時の息切れや呼吸困難といった心不全症状が現れやすくなります。これは、弁の狭窄により心拍出量が減ってしまうためだけではなく、左心房での血液のうっ滞のために肺からの血液が心臓にもどりにくくなり、肺動脈圧が上昇すること(肺高血圧)が大きな要因です。さらに狭窄が進行し1.0cm2...

聴診(心音図検査)、心電図、胸部X線検査を行います。心エコー(超音波)は最も重要な検査で、正確な診断だけではなく重症度や合併症の有無を評価できます。経食道心エコー法は左房内血栓の検出に有効です。手術するかどうかの決定には、心臓カテーテル検査が必要になることがあります。薬物治療は、心不全症状があれば一般的には利尿薬やジギタリス製剤を用います。心房細動を合...

ほとんどがリウマチ熱の後遺症として、リウマチ熱に罹患後、少なくとも2年以上かけて発症します。すなわち、慢性的な炎症性の変化により、弁や弁の周囲組織の癒着や肥厚、石灰化が起こって次第に弁口部の狭窄が生じます。この結果、左心房には血液のうっ滞(たまること)が起こり、左心房が拡張します。

関連ワード

「僧帽弁狭窄症」に関するQ&A

90件

「僧帽弁狭窄症」に関するQ&Aをもっと見る

「僧帽弁狭窄症 僧帽弁」に関するQ&A

12件

「僧帽弁狭窄症 僧帽弁」に関するQ&Aをもっと見る