停留精巣

249件

停留精巣は陰嚢内に精巣(睾丸)が触れない状態をいい、男児の生殖器の異常としては最も多い疾患です。もともと精巣は胎児期には腹腔内に存在し、胎生3カ月ころに下降し始め、30~32週までに陰嚢内に降りてきます。これが途中で留まった状態が停留精巣です(図8)。新生児の3~5%に認められますが、生後6カ月ころまでは自然に下降してくる場合があり、1歳では1%に減少...

検診で見つかることが多いのですが、両親が気づくこともあります。注意深く陰嚢を触ると精巣が触れますが、乳幼児期は精巣についている筋肉(挙睾筋)が過敏で、反射的に収縮して精巣が陰嚢内にあったりなかったりしてわかりづらくなります。入浴後など緊張がとれた状態になると降りているのは移動性精巣と呼び、基本的に治療の必要はありません。入浴後に何回か触ってみて触れない...

精巣は卵巣と同じく生殖腺原基から発生します。ところが精子は卵子と違って体温より2~3℃低い環境でないとうまく形成されません。そのため、体内よりも多少温度の低い体外に近い陰嚢まで降りてくる必要があるわけです。下降してくる過程の機序(仕組み)に関しては、胎児の精巣が形成され男性ホルモンの産生が始まる時期に一致して精巣の下降も始まること、精巣はあっても男性ホ...

関連ワード

「停留精巣」に関するQ&A

249件

「停留精巣」に関するQ&Aをもっと見る

「停留精巣 睾丸」に関するQ&A

89件

「停留精巣 睾丸」に関するQ&Aをもっと見る