乾癬性関節炎

67件

皮膚の病気である乾癬に合併して起こる関節炎です。関節リウマチに似ていますが、血液検査でリウマトイド因子は陰性で、血清反応陰性脊椎関節炎という疾患グループのなかに含まれます。この病気は、すべての人種にみられますが、やや欧米の白人に高い傾向が報告されています。30~50歳で発症し、ゆっくり進行します。発症に男女差はほとんどありません。関節の痛みやはれ、時に...

関節の痛みやはれ、時に腱の付着部の痛みが生じます。関節の痛みやはれは軽度で、関節リウマチとは異なり、手や足の指の先端の関節によく起こり、少数の関節が侵されるだけの場合が多いようです。しかし、時に大きな関節も含め、破壊が進行することもあります。症状の特徴から、いくつかのタイプに分類されます。・非対称性で発症する、関節数が少ないタイプ・多発性に関節が炎症を...

血液検査では、炎症性の変化のみであまり特徴的な変化はみられません。X線検査では、軽度から重度の関節破壊が、また、脊椎では靱帯の骨化がみられることがあります。乾癬関節炎が認められれば診断は容易です。関節炎の治療は、非ステロイド性鎮痛消炎薬を使用します。症状に応じて副腎皮質ステロイド薬を関節内に注射することがあります。抗リウマチ薬のスルファサラジンやメト...

免疫の異常によって炎症が起こり、発症すると考えられています。何らかの遺伝子の関与が疑われていますが、明らかな原因は不明です。

関連ワード

「乾癬性関節炎」に関するQ&A

67件

「乾癬性関節炎」に関するQ&Aをもっと見る

「乾癬性関節炎 レミケード」に関するQ&A

6件

「乾癬性関節炎 レミケード」に関するQ&Aをもっと見る