乳管拡張症

5件

乳管が病的に拡張したものをいいます。乳頭から分泌物を生じることもあります。中年の女性に多い病気です。乳管拡張症の多くは無症状です。一部の患者さんでは乳頭から乳汁のような分泌物を生じることがあります。茶褐色、あるいは血液が混じっている場合は、腫瘍が関係している可能性があるので要注意です。乳がん検診などで実施された超音波により、偶然乳管の拡張を指摘されるこ...

乳管拡張症の多くは無症状です。一部の患者さんでは乳頭から乳汁のような分泌物を生じることがあります。茶褐色、あるいは血液が混じっている場合は、腫瘍が関係している可能性があるので要注意です。乳がん検診などで実施された超音波により、偶然乳管の拡張を指摘されることが多いようです。しかし、これらはいずれも乳管拡張症に特有の症状とはいえません。

最も簡単なのは超音波検査です。最近の優秀な機器であれば、拡張した乳管を特定することは困難ではありません。しかし、乳管拡張が病的かどうか、また治療を要するかどうかを決めるのは決して容易なことではありません。乳頭に分泌物が認められれば分泌物の細胞診を行い、悪性細胞が存在しないかどうか確認します。そのほか、内分泌的検査(プロラクチン測定)や乳頭分泌の原因にな...

乳管の拡張を生じる原因はいくつかありますが、大きく分けると乳腺の分泌過剰などの機能的異常に伴うもの、乳管周囲の炎症に伴うもの、そして後述する乳頭腫や乳がんなどの腫瘍からの出血が原因になっているものとがあります。

関連ワード

「乳管拡張症」に関するQ&A

5件

「乳管拡張症」に関するQ&Aをもっと見る

「乳管拡張症 しこり」に関するQ&A

3件

「乳管拡張症 しこり」に関するQ&Aをもっと見る