上腕骨顆上骨折

71件

小児に最も多い骨折のひとつで、肘周辺の骨折の60%を占めます。幼稚園児と小学生に多く、男女比は2対1です。鉄棒やうんていなどから転倒して肘を伸ばした状態で手をついた時に、外力が肘まで伝わって発生します。骨折のずれが大きい場合には合併損傷が起こりやすくなります。骨折部で正中神経、橈骨神経、尺骨神経という手首や指に行く神経や上腕動脈が引っかかったり、圧迫を...

肘のはれ、痛み、皮下出血、骨折部の異常な動きが現れます。神経や血管に合併損傷があると手首の脈拍が弱くなり、手や指のしびれ感、異常感覚、運動障害が起こり、色調が蒼白や暗青紫色になります。

骨折型を確定するためにX線写真が必要です。ずれが大きい場合には筋肉の断裂の有無などもX線写真で読みとります。骨折型により治療が変わるので、正確な骨折型の診断が必要です。ウイルキンス分類の1型は転位(ずれ)がみられないので、そのままギプス固定を行います。2型は後方に転位するが骨折面の一部は接触しているので、徒手整復を行ってギプス固定します。3型は後方に転...

関連ワード

「上腕骨顆上骨折」に関するQ&A

71件

「上腕骨顆上骨折」に関するQ&Aをもっと見る

「上腕骨顆上骨折 リハビリ」に関するQ&A

10件

「上腕骨顆上骨折 リハビリ」に関するQ&Aをもっと見る