レプトスピラ症

115件

ワイル病、秋疫などに代表されるレプトスピラ症は、病原性レプトスピラ感染に起因する動物由来の細菌(スピロヘータ)感染症です。レプトスピラ症は全世界的に流行しており、保菌動物の排尿によって病原体に汚染された環境から経皮的、経口的に感染します。重症型であるワイル病の死亡率は5~40%であり、治療開始時期が遅れるほど死亡率は高くなる傾向にあります。軽症型レプト...

レプトスピラ症は急性の発熱性疾患です。臨床症状は軽症のものから、黄疸、腎不全などを主な症状とする重症型レプトスピラ症(ワイル病)まで多様です。黄疸、出血、眼結膜の充血、腎障害などの症状を示した場合では、ほかの細菌感染による多臓器不全、ウイルス肝炎などとともにワイル病にも注意が必要です。非重症型レプトスピラ症では、あらゆる発熱性の疾患が鑑別対象となります...

軽、中度のレプトスピラ症の場合には、ドキシサイクリン(ビブラマイシン)を7日間服用することがすすめられています。ワイル病(重症例)の場合は、ペニシリン系抗生剤(ペニシリンG、サワシリン)による治療が一般的です。回帰熱の場合と同様に、レプトスピラ感染症の治療にペニシリン系抗生剤が用いられた場合は、ヤーリッシュ・ヘルクスハイマー反応(抗生剤投与後に起こる、...

関連ワード

「レプトスピラ症」に関するQ&A

115件

「レプトスピラ症」に関するQ&Aをもっと見る

「レプトスピラ症 獣医」に関するQ&A

28件

「レプトスピラ症 獣医」に関するQ&Aをもっと見る