リウマチ熱

180件

A群連鎖球菌(溶連菌)による、のどかぜ(咽頭炎)や扁桃炎の治療が不十分な場合、治ってから2~3週間過ぎたころに突然高熱を発症する病気です、その70%に強い関節痛を伴います。約半数が心炎を起こし、適切に治療されないと心臓の弁に障害を残します(心弁膜症)。5~15歳の子どもに多く、男女差はありません。日本ではほとんどみられなくなりましたが、発展途上国では今...

39度前後の高熱とともに、強い関節痛(70%)が膝、足、肘、手首などの大きな関節でみられます。ある部位の痛みは通常1日で消失しますが、次の日には別の関節が痛み始めるので、まるで関節痛が移動しているよう感じられます(移動性関節炎)。心炎(50~60%)は初め無症状ですが、心臓の弁が障害されるにつれて、次第にむくみや倦怠感、頻脈などの心不全症状が現れます。...

血液検査では、ほぼ全例で白血球数の増加、CRP増加、赤沈値の亢進がみられますが、これらはリウマチ熱に特徴的というわけではありません。心電図では不整脈がみられ、心エコー検査で弁膜の異常がみられます。診断には、まず数週間前に溶連菌に感染した証拠が必要です。そのために、ASOやASKと呼ばれる溶連菌に対する抵抗力(=抗体)が血中に増加していること、あるいはの...

溶連菌に対する免疫力(=抵抗力)が、自分の関節や心臓を誤って攻撃するために起こる病気と考えられています。しかし、感染した子どもがすべてリウマチ熱を発病するわけではないので、菌側の要因や、子どもの体質や免疫状態が関与すると考えられています。

関連ワード

「リウマチ熱」に関するQ&A

180件

「リウマチ熱」に関するQ&Aをもっと見る

「リウマチ熱 溶連菌」に関するQ&A

88件

「リウマチ熱 溶連菌」に関するQ&Aをもっと見る