リウマチ性多発筋痛症

127件

リウマチ性多発筋痛症は、リウマチという名前が使われていますが、関節リウマチとは違う病気です。一般に50歳以上、とくに60歳以上の高齢者に起こる原因不明の病気で、体幹近い部分筋肉痛みこわばりが主な症状の慢性炎症性の疾患です。本症を確定できる特定の診断法はなく、関節リウマチとか不明熱などと診断されて、いくつかの医療機関を転々とすることも少なくありま...

前兆になるような感染症などは、とくに知られていません。体幹近い部分、すなわち肩から上腕、頸、臀部から大腿などの筋肉痛みこわばりから始まり、それが2週間以上続くのが特徴です。こうした筋肉症状以外では、発熱(多くは37℃台の微熱)、全身のだるさ、体重減少などの全身症状と、関節の痛みを伴います。ただし、関節がはれ上がるほどになることは少ないといわれて...

この病気の診断を確定する特有な検査はありません。体の炎症症状を示す赤沈検査や血清CRP濃度が高値となり、そのほかに軽い赤血球数の減少と、白血球数および血小板数の増加がみられます。一方、筋痛があるにもかかわらず、多発性筋炎にみられるような筋肉由来の血清酵素(CKなど)の増加はみられません。また、リウマトイド因子や抗核抗体などの免疫異常は、通常認められませ...

真の原因はわかっていませんが、20%前後の患者さんには側頭動脈炎(巨細胞性動脈炎)という膠原病疾患を合併することが知られています。しかし、欧米に比べて日本では側頭動脈炎を合併する頻度は少ないので、この病気の全体としての性質も人種などによって若干違うようです。また、こうした合併症の存在から、リウマチ性多発筋痛症や膠原病疾患には共通する原因があるのかもしれ...

関連ワード

「リウマチ性多発筋痛症」に関するQ&A

127件

「リウマチ性多発筋痛症」に関するQ&Aをもっと見る

「リウマチ性多発筋痛症 ステロイド」に関するQ&A

36件

「リウマチ性多発筋痛症 ステロイド」に関するQ&Aをもっと見る