マラリア

2,742件

マラリア原虫による感染症で、全世界の100カ国以上にみられ、年間3~5億人の罹患者と150~270万人の死亡者があるとされています。その大部分はサハラ以南のアフリカにおける小児ですが、東南・南アジア、オセアニア、中南米などにも多くの発生がみられます。日本では旅行者がこれらの感染地で感染し、帰国して発症することが多く、国内での診断・治療の遅れが原因で死亡...

感染した蚊に刺されて1~数週間後に発熱、悪寒、戦慄(震え)とともに発症します。発熱に伴い、倦怠感、頭痛、関節痛、筋肉痛、悪心・嘔吐、腹痛、下痢などがみられることもあります。熱発作は数時間続いたあとに大量の発汗とともに解熱します。三日熱と卵形マラリアでは48時間ごとに、四日熱では72時間ごとに熱発作が起こるのが典型的とされますが、これらの熱発作のパターン...

血液塗抹標本を色素で染めて、マラリア原虫に感染した赤血球を顕微鏡で確認する方法が一般的です。先に述べたように、ほかの3つのマラリア原虫種によるマラリアと異なり、熱帯熱は重症化して命に関わることがあるので、その区別はとても重要です。顕微鏡を用いた判定にはある程度の熟練を要するので、経験のある病院で行う必要があります。マラリア原虫の抗原を検出するキットもあ...

感染流行地に滞在する場合は、早期診断・治療よりも、マラリアの感染をあらかじめ予防することが重要です。予防には感染を媒介する蚊の行動時間である夕方から朝方の外出を避ける、長袖のシャツ、長ズボンをはく、昆虫の忌避剤を用いる、就寝時に蚊帳を使うといった一般的な注意が大切です。また、必要であればあらかじめ定期的に予防薬を内服することもできます。予防薬を服用する...

関連ワード

「マラリア」に関するQ&A

2,742件

「マラリア」に関するQ&Aをもっと見る