マイコプラズマ肺炎

5,423件

マイコプラズマ肺炎は、小集団内で流行を起こすことが特徴のひとつで、かつては4年周期でオリンピック開催年に大きな流行を繰り返してきたため、「オリンピック病」と呼ばれていました。しかし最近はこの傾向が崩れてきており、1984年と1988年に大きな流行があって以来、全国規模の大きな流行はみられていません。この数年は散発的な流行が多くみられ、2000年以降その...

最も特徴的な症状は咳嗽(咳)で、ほとんどすべての症例に認められ、夜間に頑固で激しい咳が現れます。発熱も必発で、ほとんどが39℃以上の高熱が出ます。

一般検査所見では、白血球数は増加しないことが多く、一過性の肝酵素(ALT、AST)の上昇が約30%に認められます(クラミジア・ニューモニエ)。日本呼吸器学会がマイコプラズマ肺炎を中心とした非定型肺炎を疑う項目を公表しています(表1)。筆者らの検討では、この鑑別表を用いることによって85%以上の確率で診断できることを証明しているので参考にしてください。培...

関連ワード

「マイコプラズマ肺炎」に関するQ&A

5,423件

「マイコプラズマ肺炎」に関するQ&Aをもっと見る

「マイコプラズマ肺炎 マイコプラズマ」に関するQ&A

1,635件

「マイコプラズマ肺炎 マイコプラズマ」に関するQ&Aをもっと見る