ボツリヌス食中毒

14件

ボツリヌス食中毒(または食餌性ボツリヌス中毒)は、ボツリヌス菌(図1)が食品中で増え、産生された毒素を食品とともに摂取すると起こる毒素型食中毒の一種です。この中毒は古代ギリシャ・ローマ帝国時代からソーセージを食べることによって起こる特異な中毒として知られていたもので、病名の別称であるBotulismはソーセージ(腸詰め)を意味するラテン語に由来すること...

食品とともに摂取された毒素は主に小腸上部で吸収され、次いでリンパ管をへて血液中に入り、作用部位である神経‐筋接合部に到達して末梢性の神経麻痺症状を現します。潜伏時間は、一般に汚染食品摂取後8~36時間です。患者さんの多くにみられる初期症状は、腐敗した食品中のトリメチルアミンによる非特異的な胃腸炎症状(下痢、腹痛、嘔吐など)で、次いでボツリヌス毒素による...

この食中毒は極めて致死率が高いので、検査および診断は常に迅速な対応が求められます。診断は中毒の原因と推定された食品、患者さんの糞便・血液・胃内容・吐物などから毒素の証明をし、菌を分離することで行われています。近年では、毒素遺伝子を迅速かつ特異的に検出する遺伝子増幅法が普及しています。区別が必要な病気には、脳卒中、急性球麻痺(脳神経球部の麻痺による口腔内...

この食中毒のほとんどは自家製食品によって起こっています。菌の食品汚染は原材料に由来するとされています。食中毒を防ぐためには、・新鮮な原材料を用いて十分に洗浄する・低温下で素早く調理する・「いずし」などの魚肉発酵食品には酢酸を添加する・食肉製品や魚のくん製は十分に加熱する・製造後は冷蔵あるいは冷凍下で保存するなどに気をつけ、製造後あるいは保存中に酪酸発酵...

関連ワード

「ボツリヌス食中毒」に関するQ&A

14件

「ボツリヌス食中毒」に関するQ&Aをもっと見る

「ボツリヌス食中毒 ボツリヌス菌」に関するQ&A

10件

「ボツリヌス食中毒 ボツリヌス菌」に関するQ&Aをもっと見る