ボツリヌス症

49件

ボツリヌス症は、感染・発症の形態が異なるために、以下の5つに分類されています。(1)ボツリヌス菌(芽胞)が食品(東北、北海道で有名な“いずし”など)に混入したあと、食品の保存条件が空気(酸素)のない嫌気状態の時だけに菌が発育・増殖して産生されたボツリヌス毒素を、その食品とともに食べて起こる食中毒型。(2)おもに1歳以下の乳児が、食品(ハチミツなど)に混...

いずれの場合も原因ボツリヌス毒素(神経毒素)で、体の筋肉が麻痺を起こすことから、左右対称に体を動かすことができなくなります。食中毒の場合は、初期症状としてほとんどの人に視力低下、立ちくらみなどの眼の異常が起こり、つまずいたり、ころんだりして、動作がおかしくなったことに気づきます。さらに食べ物を飲み込めなくなったり、会話がしにくくなったり、全身の筋肉が...

食中毒の場合は、原因と考えられる食品や便からボツリヌス毒素や菌が検出できるか検査します。また、血液のなかの毒素の有無を検査する時もあります。毒素の検査ではマウスを用います。液体にした検査材料をマウスに注射すると、ボツリヌス毒素がある場合はマウスは筋肉の麻痺を起こして動けなくなり、毒素が強い場合は呼吸麻痺で死亡します。あらかじめボツリヌス毒素に対する抗体...

関連ワード

「ボツリヌス症」に関するQ&A

49件

「ボツリヌス症」に関するQ&Aをもっと見る

「ボツリヌス症 ハチミツ」に関するQ&A

44件

「ボツリヌス症 ハチミツ」に関するQ&Aをもっと見る