ベーチェット病

1,194件

べーチェット病は主に眼、皮膚粘膜に急性の炎症発作を繰り返す原因不明の病気です。世界的には、シルクロード沿いの地域に患者数が多く、日本では北日本に患者が多く分布します。患者数は2万人弱で、男女比は1対1、好発年齢は20~40歳です。口腔内アフタ、皮膚・眼症状、陰部潰瘍発作的に起き、繰り返しますが、発作発作の間欠期は無症状です。口腔内アフタは初発症状で...

口腔内アフタ、皮膚・眼症状、陰部潰瘍発作的に起き、繰り返しますが、発作発作の間欠期は無症状です。口腔内アフタは初発症状であることが多く、頬粘膜、舌、口唇、歯肉に痛みのある潰瘍が繰り返しできます。皮膚症状としては、結節性紅斑、毛嚢炎(ざ瘡)様皮疹、皮下の血栓性静脈炎がみられます。結節性紅斑は隆起性で圧痛を伴う紅斑が四肢(主に下腿)に現れます。毛嚢炎様...

診断のための特殊な検査はありませんが、発作期は赤沈、CRPの高値、白血球、好中球の増多がみられます。また、IgDが上昇する場合があります。診断は、主症状(口腔内アフタ、眼・皮膚症状、陰部潰瘍)や副症状(関節炎、副睾丸炎、腸管・血管・神経症状)から総合的に行います。HLA‐B51陽性や針反応は診断の参考になります。軽症の皮膚・粘膜病変には局所ステロイド外...

原因は不明ですが、遺伝的な要因(体質)と環境因子の両者が関係しています。遺伝的要因で重要なのはHLA‐B51です。ヒト白血球抗原(組織適応抗原)であるHLAのうちB51をもっている日本人の一般的割合は10~15%ですが、べーチェット病患者では50~60%と非常に高い割合になっています。環境因子では細菌抗原である熱ショック蛋白に対する異常な免疫応答により...

関連ワード

「ベーチェット病」に関するQ&A

1,194件

「ベーチェット病」に関するQ&Aをもっと見る

「ベーチェット病 口内炎」に関するQ&A

381件

「ベーチェット病 口内炎」に関するQ&Aをもっと見る