ヘルパンギーナ

2,759件

毎年7月ごろをピークとして4歳以下の小児、とくに1歳代に流行することが多い夏かぜの代表疾患です。高熱と口腔内の発疹(のどの奥に紅暈で囲まれた小水疱が現れる)が特徴的です。原因ウイルスは多種類ありますが、多くはコクサッキーAウイルス(CA)、とくに4、6、10型が多いといわれています。そのほか、CA2、3、5、8、16型、コクサッキーBウイルス、エコーウ...

2~4日の潜伏期ののち、突然の高熱で発症します。口蓋垂(のどちんこ)の上周辺に紅暈を伴った多数の小水疱が認められます。水疱が破れて潰瘍を作ることもあり、幼小児では痛みのために水分摂取が不足し、高熱とも相まって脱水症状を起こすことがよくあります。発熱に伴って熱性けいれんを合併することもありますが、一般的に数日の経過で回復し、予後は良好です。まれに無菌性髄...

高熱と特徴的な口腔内の症状から、ほとんどが臨床的に診断されます。原因ウイルスを特定するには、患者さんの咽頭ぬぐい液、便などからウイルスを直接分離することが最も有効です。最近ではRT‐PCR法を用いてウイルス遺伝子(RNA)の検出を行うこともあります。抗体価を測定することもありますが、交差反応(別のものにも反応する)を認めることが多いので一般的ではありま...

関連ワード

「ヘルパンギーナ」に関するQ&A

2,759件

「ヘルパンギーナ」に関するQ&Aをもっと見る

「ヘルパンギーナ 手足口病」に関するQ&A

1,045件

「ヘルパンギーナ 手足口病」に関するQ&Aをもっと見る