フグ中毒

29件

日本の動物性自然毒による食中毒の大部分はフグ中毒です。全食中毒のなかでフグ中毒は発生件数の約1%、患者数の約0.1%を占めるにすぎませんが、フグ中毒による死者は全食中毒死者の半数にも達しています。1983年に厚生省(現厚生労働省)からフグ食用のガイドラインが出され、フグ中毒は確実に減少しましたが、それでも最近10年間は毎年25件前後発生し、患者数は40...

フグ中毒の症状は通常は食後20分~3時間で現れます。唇、舌先のしびれから始まり、指先のしびれが続きます。頭痛、腹痛、腕痛を伴うこともあります。次いで歩行困難、嘔吐、言語障害、呼吸困難、血圧低下が起こり、最後に呼吸麻痺により死亡します。致死時間は4~6時間が最も多く、長くても8時間程度です。現在のところ、食べた物を吐き出させるといった程度の応急処置しかあ...

関連ワード

「フグ中毒」に関するQ&A

29件

「フグ中毒」に関するQ&Aをもっと見る

「フグ中毒 フグ」に関するQ&A

13件

「フグ中毒 フグ」に関するQ&Aをもっと見る