バージャー病

217件

四肢(主として下肢)の末梢動脈の内膜の炎症により動脈の閉塞を来し、血流障害が生じる病気で、閉塞性血栓血管炎とも呼ばれます。最初の報告者の名前からバージャー病(英語読み)、あるいはビュルガー病(ドイツ語読み)とも呼ばれています。患者数は、国内で約1万人と推計されています。男女比は10対1と男性が多く、20~40歳を中心に青・壮年に多く発症します。動脈硬化...

血流障害が軽度のときは、下肢の冷感やしびれが認められ、高度になるにしたがって間欠性跛行(長い距離を歩くと足が痛くなり、ひと休みするとおさまって再び歩くことができる)や安静時の痛みが現れます。血流障害がさらに高度になると、難治性の潰瘍を生じ、壊死に至ります。また、手足の静脈にも炎症を起こし、静脈に沿って赤くはれたり、痛みが生じることがあります(遊走性静脈炎)。

閉塞した部位より先の動脈の拍動が触れなくなります。足関節と上腕の血圧比の計測(足関節/上腕血圧比)が、下肢虚血の重症度の判定に役立ちます。確定診断には血管造影検査が必要になります。血液検査では特徴的な所見はありません。まずは禁煙を厳守することが大切です。そして手足はいつも清潔にして、寒い時期には保温に注意を払うことも大切です。履き物は足に合ったものを履...

原因は不明ですが、発症には喫煙が深く関係しています。患者の9割に喫煙歴が認められ、受動喫煙(周囲の喫煙者によって間接的に喫煙状態になること)を含めると、ほぼ全例が喫煙と関係があると考えられています。

関連ワード

「バージャー病」に関するQ&A

217件

「バージャー病」に関するQ&Aをもっと見る

「バージャー病 タバコ」に関するQ&A

81件

「バージャー病 タバコ」に関するQ&Aをもっと見る